ソデグロヅル(袖黒鶴)-分布

アフガニスタン、イラン北部、インド北部、中華人民共和国東部、パキスタン、ロシア東部および中部
夏季にロシア北東部(東部個体群)や中北部(西部個体群)で繁殖し
冬季になると鄱陽湖(東部個体群)、インド北部やイラン北部(西部個体群)で越冬する日本では冬季に越冬のため稀に飛来(冬鳥)する
ごく稀な冬鳥として北海道、本州、九州で記録があり、すべて単独での渡来、水田、畑、休耕田、湿地、干潟などに生息する
世界的に固体数が少ない大型のツルで生息数は2千~3千羽と推定されるらしい
嘴を泥に突っ込んで餌を捕っているので汚れ、赤い嘴を撮るのが難しかったです037.gif
f0206138_2393124.jpg

今年の初撮りは珍鳥の鶴でした068.gif
f0206138_2395192.jpg

[PR]
by kitamoto271 | 2012-01-05 23:11
<< ソデグロヅル(袖黒鶴)-特徴 ミヤマホオジロ(深山頬白)-分布 >>